Windows7 終了まで
残り424日(約61週間)!!
買い替えの初期設定からデータ移行まで全ておまかせ下さい!

■多数あるパソコンをネットワーク共有してファイルのやり取りを簡単にしたい ケース5

訪問での解決は パソコン訪問サポート対応エリア をご確認下さい。

各種設定や構築の事例

パソコンも一家に一台から一人一台の時代になってきています

そうなってくると、今度はネットブックなど安いパソコンが出てきて持ち歩きようのセカンドマシンとして増えたりして、 次第にデータが散乱したり、バックアップが大変になったりと困るケースも出てきます。 そんな時にあちこちのパソコンとデータのやり取りをするようになりますが、始めのうちはUSBメモリなど使って不便ではないものの、 回数が増えると面倒になってきます。そんな時にネットワーク共有してやるとパソコン間のデータのやり取りが簡単便利になります。

メインのパソコンがあってデータをそこに置いておく使い方
メインのパソコンにファイルを置いておいて、さらに自分のパソコンにデータがあればバックアップになって安心です。
それぞれのパソコンにデータを置いてバックアップも兼ねる
パソコンが数台いある場合にそれぞれのパソコンにデータを置いておけばどのパソコンを使ってもすぐにデータにアクセスできて便利です。
データの持ち出しなど手軽に
持ち歩きようのパソコンにデータを入れる場合に簡単にコピーができます。
[ ケース5一覧へ]

[ メニューへ戻る ]