■ハードディスクの空き容量が少なくなってきた ケース3

訪問での解決は パソコン訪問サポート対応エリア をご確認下さい。

重い障害の事例

ディスクの空き容量が少ないと警告メッセージが出るようになってきた

これは機種によって様々ですが、出荷時にドライブがデータ用とOS用に分割されている機種で多い問題です。 分割されていてもデータ用の領域にデータを保存する設定になっていない不親切な設定で出荷されているため大しデータを保存しなくても 容量が足りなくなるケースがあります。

Cドライブの空きが足りないと警告が出てパソコンの動作がすごく遅い
意外とドライブの分割など知らないユーザーは多いものです。説明で簡単に解説されていても理解できないユーザーはたくさんいますので、 そのまま使うのが多いから当然のようにCドライブが足りなくなってきます。 かなり前の機種になると、リカバリーしてもOSのアップデートをするだけで容量が足りなくなるなんて機種も存在します。
データの移行とリカバリーをして快適なよう再セットアップしますので約2万円前後での対応ケースが多くなっています。
Dドライブへデータを保存しているが容量が足りなくなってきた
最近のデジカメなど画像データも非常に高画質になっていて容量もかなり使います。さらに動画となると非常に容量を必要としますので、 比較的少ない容量のハードディスクの機種の場合はすぐにいっぱいになってしまうケースがあります。 また人気のiTunesなどの音楽ソフトも音楽データを大量に必要としています。
外付けのHDDを利用するよう設定し、約1万円前後での対応ケースが多くなっています。
もともとのHDDの容量が少なくてすぐにいっぱいになってしまう
メーカー出荷時のハードディスクの容量が少ないため根本的な解決にならない場合があります。 この場合は容量の大きなハードディスクへの交換とデータの移行を行い快適な容量を確保します。
この際のデータ移行は現在お使いの環境そのままにハードディスクのクローンを作成して交換しますので、 インストールしてあるアプリケーションや設定などそのままで快適にお使いいただけます。
HDDの交換とデータ丸ごと移動させ約3万円前後での対応ケースが多くなっています。
[ ケース3一覧へ]

[ メニューへ戻る ]