■パソコンが起動しなくなってしまった ケース3

訪問での解決は パソコン訪問サポート対応エリア をご確認下さい。

重い障害の事例

パソコンが起動しなくなってしまった場合の事例

ひと口にパソコンが起動しなくなってしまったと言っても、この場合その原因は様々です。 どの段階で起動しないのかによって原因がかなり違ってきますので、 これを見誤ると損害は非常に大きなものになってしまう可能性があります。ほとんどの場合リカバリーが必要となります。

電源投入後本体のランプは点くが他に反応なし
この場合PC本体(ハード)に何らかの問題が起きている可能性があります。 問題のあるパーツを特定しそれにより対策を検討させていただきます。
データを取り出す事のできる可能性は高いです。
電源投入後メーカーのロゴは出るが、その後黒画面や意味不明なメッセージが表示され止まってしまう
このケースもかなりの問題の可能性があります。 起動時にPCの各パーツをチェックしているがどこかにエラーがありパソコンの立ち上げ処理にたどり着けていない状態です。 どこに問題があるのかを特定し最善の対策を検討させていただきます。データを取り出す事のできる可能性は故障個所に読み出しできない場合も多少あります。
電源投入していつものようにWindowsの起動ロゴ画面が出て来るが、アンダーバーが動いてしばらくして止まってしまったり、勝手に再起動してその繰り返しになってしまう
起動途中で止まってしまい、デスクトップまでたどり着けない状態です。この場合は2つに別れ、ハードかソフトかでどちらかに問題が発生した結果です。 ソフト的なトラブルの場合ドライバやウイルスの問題がある場合が多く、ハードの場合はハードディスクの異常によりファイルが壊れたりディスク自体が寿命に達してしまった可能性もあります。
このケースではHDD(ハードディスク)の完全な故障以外で多くの場合データの取り出しにほぼ成功しています。(一部壊れて読みだせないデータがある場合が多少ありました。)
様々なエラーメッセージが出て起動してくれない
起動時に黒い画面で様々なエラーメッセージが出て起動しないケース。
[ windows/system32/config/system ] [ NTLDR is missing ] [ Operating System not found ]
[ DISK BOOT FAILURE ] [ disk read error ] [ invalid system disk ]
[ Non-System disk or disk error ] [ SMART Failure ] などのエラーメッセージがよくあります。
[ ケース3一覧へ]

[ メニューへ戻る ]