Windows7 終了まで
残り420日(約60週間)!!
買い替えの初期設定からデータ移行まで全ておまかせ下さい!

■インターネットを開いたときのページが勝手に変わってしまった ケース1

訪問での解決は パソコン訪問サポート対応エリア をご確認下さい。

軽い障害の事例

インターネットを利用するときのスタートページがいつの間にか変わってしまった

何かの拍子にスタートページが書き換えられてしまう事があります。普段YahooやGoogleが出て来るはずが違うページになってしまい不便になることがあります。

いつもの画面ではなく英語の良く分からないページになってしまった
海外のサーチページに勝手に変更されてしまうケースがあります。 たちの悪いものになると元に戻してもすぐ復活されてしまい修正できません。このような場合他の多数のスパイウェアにやられてしまっているケースが多々あります。
確実な対応としてリカバリーした方が良いケースが多いので約1万からの対応のケースが多くなっています。
いつもはプロバイダのページなのにYahooに変わってしまった
おそらくYahooの何らかのプログラムをインストールした際にデフォルトのままインストールしたために、使わないアプリや設定を入れられてしまったケースです。 厄介なことに元に戻そうとしてもYahooが監視している場合があります。
余計な機能を取り除くことにより設定変更をします。基本料金6000円内での対応ケースが多くなっています。
便利なページを発見したので新たにスタートページを変更したいのだが変えられない
何らかのプログラムが不正な変更をしないよう監視していて、変更された場合に自動で復帰されるようになっている場合があります。 設定の修正にて変更が可能です。
設定変更で修正可能の場合約基本料金6000円内での対応ケースが多くなっています。
[ ケース1一覧へ]

[ メニューへ戻る ]