Windows7 終了まで
残り420日(約60週間)!!
買い替えの初期設定からデータ移行まで全ておまかせ下さい!

■データのアップロードができなくなってしまった ケース1

訪問での解決は パソコン訪問サポート対応エリア をご確認下さい。

軽い障害の事例

毎日行っているデータの更新や送信、アップロードができなくなった

アップロードとひと口に言ってもその種類はたくさんあり、その方式によって問題の個所も様々です。 ホームページのデータや、ファイルサーバとのファイルのやり取り、ブログの更新など、中には専用のソフトを使っている場合もあります。

ホームページの更新データが送信出来なくなってしまった
ホームページの更新にはよくFTPという通信規格が使われます。この通信の途中で何らかの障害が起きてしまったケースですが、 ホームページのサーバ側で仕様の変更があったりするケースと、こちら側のソフトの設定に問題があるケースなど様々です。 障害のある部分を特定し修正します。
ソフト側の設定の変更で修正可能なケースが多くなっていて約6,000円から7,000円程度での対応ケースが多くなっています。
ブログなどのページのデータを送れなくなった
このケースも前のケースと似たケースですが、こちらの場合はインターネットエクスプローラを利用していてうまく送信出来ないケースが多いです。 ブログ側での仕様変更などで操作方法も変更になる場合もあり、またセキュリティーソフトの対応で間違えてブロックされているケースもあります。
原因特定とその修正で約6,000円から7,000円程度での対応ケースが多くなっています。
特殊な形式でのデータのやり取りができなくなった
データを安全に転送するために重要なデータなどは暗号化通信でやりとりする場合や、 VPN機能などを使って相手先に接続してからデータ転送するケースなど、色々な技術があります。 どこで通信のトラブルが発生しているのかを探して問題を解決します。
[ ケース1一覧へ]

[ メニューへ戻る ]