Windows7 終了まで
残り424日(約61週間)!!
買い替えの初期設定からデータ移行まで全ておまかせ下さい!

■キーボードが入力できない、おかしい ケース1

訪問での解決は パソコン訪問サポート対応エリア をご確認下さい。

軽い障害の事例

特定のキーが入力できなかったり、キーボードが全く反応しなかったりおかしな動作をするなど

普段あまり気にしないキーボードですが、一旦おかしくなると何もできなくなり非常に困る重要なものです。 これがまともに動いてくれないとパソコンの操作が全然できずに非常に困ります。

どこか特定のキーがいくら押しても反応せず入力ができない
このケースはキーボードのメカニカルトラブルでよくあるケースです。キーを押したときに電気的に接触して動作していますが、 何らかの障害により接触不良などの状態になっている可能性があります。キーボードをチェックして可能であれば接触を復帰させます。 しかし破損が激しい場合などキーボード交換が必要になる場合があります。
障害を取り除ける可能性があれば6,000円から7,000円程度での対応が多くなっています。
キーボード自体まったく反応なくどれを押してもどうにもならない
キーボードとパソコンの接続そのものがおかしいケースです。接続部分付近のの接触不良や、キーボードそのものが壊れて全く動かないケースがあります。 そして最近は様々な種類のワイヤレス接続のキーボードなども多くなっています。 おかしい部分の特定をして、それに合わせた対応をします。
診断で問題箇所の特定に6,000円から7,000円程度での対応ケースが多くなっています。
特定のキーを打つとキーが押しっぱなしのような状態になる
これもキー裏の接触の問題の可能性が高くなります。やはり破損の度合いによりますがある程度の修正でも再発の可能性は高くなります。
パソコン起動時から何かのキーが押しっぱなしになっているようで止まってしまう
キーを打つと押しっぱなしの状態と似た状況で、すでに全く元に戻らずに押しっぱなしで止まってしまっている状態です。 やはりキーボード交換のケースが多くなっていますが、キー裏の細工により修正できる場合もあります。
修正可能である場合は6,000円から7,000円程度での対応のケースが多くなっています。
[ ケース1一覧へ]

[ メニューへ戻る ]